読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覚悟を決めて本質で生きる!HAPPY LIFE♡

本質で生きる覚悟を決めたら、身体から、ココロから、マインドから。どの角度でもサポートいたします。

きっとあなたの潜在意識にも響く、覚悟を決めて生きるためのメッセージ。

こんにちは!

 

久しぶりに温泉に入っていたら

湧いて湧いて仕方がないメッセージでした。

お風呂ってメモができないから、大変(笑)

 

自分のこれまでの学びの集大成というか、

以下、とりあえず

今のところの感覚のまとめのようなモノです。

 

ちょっと長いけど、

読んで何か感じてもらえたら嬉しいっ♡

 

 

 

この地球には多種多様な人々がいる。

 

それぞれの生い立ちによって

価値観や倫理観は定まり

人格は形成されていく。

 

誰かを愛し、土地を愛し、

その大切な人や場を失いそうになるから

怒りが湧き、争いはおこる。

 

怒り、嫉妬、妬み、恨み…

しかし、この根源の全てはだ。

 

どんなコトにも間違いはなく、
全てはに通ずる。

 

されたい、分かってほしい。

したい、分かってほしい。

 

自分の中に沸き起こるのも、

自分に対する愛。人に対する

 

とにかくすべての根源が
であることを理解しておくといい。

 

そうすると、

思考は原因を探らなくなるため、

グンと楽になる。

 

人と人は繋がりを求める。

繋がるコトで安心を得て

自分の中のを体感し、徐々に体現していく。

 

 

人と関わる時に注意すべきコト。

それは

自分の正義を振りかざしてはいけない、ということ。

 

誰かに対し自分の正義を貫くと、

それは相手の正義を正義ではないと否定することとも通ずる。

 

分かりたいし、分かり合いたい。


…が、分かり合えないこともある。

そういうモンなのだ。

分からない、分かり合えないコトに苦痛を感じる必要もない。

 

我々は

相手を否定したいわけではない。

 

恐怖心から相手を否定してしまうコトがあるが

それはもう、いらない感情だ。

 

コントロール欲のような、

つまらないくだらない意識にもう振り回される必要もない。

 

相手がどうあれ

「そういう考えもあるのか」と考えの一つとして受け入れる。

 

その考えを

自分にとりいれるかどうかはまた別で

そこは自身の選択となる。

 

その時に

自分自身に対しては、

自分の正義を通す必要がある。

 

自分に必要ないものは取り入れない。

 

そのためにも

自分の正義は初めてココで

自分に対して活用する。

 

自分自身に自分の正義を通すのは、

自分が心地よい世界で生きるため。

自分を心地よい世界で生かしてあげるため。

 

時に人とぶつかるコトがある。

時に上手くいかないこともある。

ドン底に落ちることも。

 

でもその出来事は

 

自分にとって

何が心地よくて

何に不快を感じるかを

知るために起きてるにすぎない。

 

誰とでも分かり合い
繋がる必要はなく

 

繋がりあえない人や、

例えば

かつては分かり合っていたけれどもう繋がりあえなくなった人と

 

過去の心情を啀み合う必要はなく

 

「そういうもんなんだ」

「人と人は、そういう素質を持っている。

そういう生き物なのだ」と理解し

 

自分にとって

どの感覚が心地よいのかを知り

自分が輝ける場で輝けば、それでイイ。

 

たとえ

輝きを失うような場にいたとしても、

 

できない自分、

そぐわない自分を自己否定をする必要はなく

 

その場は自分には合わない、というコトを認めるだけ。

 

なんでもこなせればイイワケじゃない。

 

好きなことをする。 

 

自分の輝ける場を見つけあてるコト。

 

ただただ、それだけなのだ。

 

たとえば

誰かに否定されたからといって

[私]の存在が否定された訳じゃない。

 

相手にとってたまたま合わなかっただけで
必ず自分が咲ける場がある。

 

正解や不正解はない。

 

自分が正解とすると、相手は不正解となる。

否定はもうこの世界に必要はない。

 

この世には多種多様の世界がある。

 

「自分が輝ける場がある。」

 

「相手が輝ける場がある。」

 

「よかった。」

 

 

それだけで、イイ。

 

 

自分の中の否定が増えると

世界が、すべてが否定的になるが

 

自分の中で肯定が増えると

世界はとても心地よい場になっていく。

 

だからそのためにも

自分の貫きたい信念には妥協することはない。

 

ただ、もしかしたら

工夫が必要かもしれないし

時間はかかるかもしれないが

 

必ず

咲ける場があり、

自分が咲ける場において初めて人は輝ける。

 

その境地を見つけるコトが

人生の醍醐味、とも言える。

 

その視点を持てば

前に進むコトに怖がる必要がない。

 

今、心地よいのであれば

飽きるまでそこにいても良いし、

 

心地よくないのであれば次に進むのみ。

 

非常にシンプルだ。

 

 

 新たなコトをする時に恐怖を伴うコトがあるが

 

その新たなコトに自分が馴染んだ頃には

必ず喜びが伴うコトを忘れてはならない。

 

怖いことはもうなにもない。

誰に遠慮するでもなく、自分の人生を全うするために

 

前に進んで良いのだ。

 

 変化して良いのだ。

 

誰に遠慮するでもなく

歓びに生きて良いし

 

愛に生きて良いのだ。

 

今すぐ大好きな人に大好きを送ろう。

愛している人に愛してるを送ろう。

 

そうして愛を循環させて、地球で踊ろう。

今日も良い1日でありますように。

 

 

本当に少し前から愛を体現、がテーマで

 

いわゆるネガティブ感情、

とくに誰かと比べて…的なモノはもう古い

というかダサい、

かなりダサい、カビくさい的なニュアンスで

私の宇宙はしつこく

もう必要ないコトを訴えていました。

 

たまに温泉も、入ってみるモンですね(笑)

 

過去の私、まさかこんな愛を連発するとは

思っていなかったなぁ…と、

感慨深い日曜の午後(*´ω`*)